3分の中に差がつくと怒る人・つきこさんと16歳年上の僕

1995年10月16日(月)知神君と隆君と夕食後。 「知神君てさ、人見知り少しあるよね?」 そんなことを聞くために、あの鋭い目つきになったのか? 隆君の観察眼は信用できるとは思うけれど。 「はい。おっしゃるとおりです。昔はひどくて話しかけてくれた 人とだけしか口がきけなかったり。就職して、そうもいかなくて 困っていたけれど、ちょうど聞き役が…

続きを読む

君は悪くない、気持ちは変えられない・つきこさんと16歳年上の僕

1995年10月16日(月)夕食を食べながら。午後7時20分。 「秀行君はどうせ白いクッキーがあると思って、お菓子は辞めた。 小松崎に頼んで出張先で買ってきてもらったんだ。白菜とリンゴ。 どっちも、姫のお家と秀行君の実家にも分けられると思う」 重そうな箱は知神君が持って入って来た。 「何よりの物だよ。ありがとう。でも末竹君や知神君は?」 …

続きを読む

平日のお客様とお話とドラマ・つきこさんと16歳年上の僕

1995年の出来事。 1995年10月16日(月)スパゲティーを茹でるお湯を沸かそうと。 電話を取ると例の人からだった。平日の午後7時前の電話は 珍しい。大体夕食後を狙ってかけてくるのに。 「秀行君、今から行って大丈夫?」 「え?なんか話?」 「うん。で、ご飯なんだけどね」 あーしあわせ、と言ってくれたつきこさんだが、…

続きを読む

不安とドラマと電話と・つきこさんと16歳年上の僕

1995年10月16日(月)12月の和菓子コンテスト、少し不安。 1年に1回、北から南まで全国区だったのを知ったのは 業界新聞で。僕は関東甲信越だけだったのかと勘違いしていた。 別にいい。初めて5位以内に入ってから今は金賞(1位)を4回。 僕は3回だと思っていたら、賞状とトロフィーが実家の玄関の 上にあった。つきこさんと一緒になる前に、貪欲に狙ったやつ。…

続きを読む