2・水曜日の稽古場にて「イサさん」・つきこさんと16歳年上の僕

1995年10月18日(水)10分間ほど薄皮饅頭とティータイム。 「なんか久しぶりにホッとできた気がしますよ」 イサさんは粉末ミルクと砂糖を多めに入れた紅茶を飲みながら 僕の作った薄皮饅頭を食べてそんなことを言ってくれた。 「実は今、うちの家の中によく鳴く猫が3匹いて、ケージから出すと 色々といたずらがひどい。猫の毛のアレルギーはないけれど、家内…

続きを読む

1・水曜日の稽古場にて・つきこさんと16歳年上の僕

1995年10月18日(水)怪奇現象なギターなのか? リーダーのお菓子ギター(お菓子の絵が描いてある)はなぜか 謎のギターになっている様子。 僕は信じない。弾くの楽しみ。だって、新品の特注だよ。勝負だ! 僕は休日、Adalheidisのリーダー・ROSSKASTANIE社長の佐粧隆、 僕にとっては「我が家によく来るお友達」の隆君は海外出張。 …

続きを読む

ハーディーお菓子ギターと勝負・つきこさんと16歳年上の僕

1995年10月18日(水)僕は休み。つきこさん会社。 火曜日に隆君が、いやROSSKASTANIE社の佐粧隆社長という べきなのかもしれないが。Adalheidis(通称デルハorアーデル)の リーダーが会社の仕事で火曜から、イタリア出張になった。 ツアーのない年は、シークレットライブというコンサートを 都内で行うデルハ。12月に3千人は入るホールが決…

続きを読む

知神君帰宅・隆君出張・僕稽古へ・つきこさんと16歳年上の僕

1995年10月16日(月)午後10時10分、知神君が帰るときに。 「今日は突然お邪魔して、ご馳走様でした。明日は約半年先に 発売の雑誌の仕事がありますのでそろそろ失礼します。あとこれ お土産です。甜茶はHardyに。ポーチはつきこちゃんどうぞ」 僕は、どうもありがとう。今度はお土産無しでおいでって言った。 考えてみると、そんなこと言われたら手ぶ…

続きを読む