逃げたら違うのが来た・つきこさんと16歳年上の僕

1995年12月11日(月)佐粧隆・体は大丈夫。ただ公私激務。 ことの始まりはN氏という60前後の俳優で自称:ミュージシャンの 結婚式に呼ばれたこと。花嫁Y子は26歳。M氏(41歳)の元恋人である。 N氏には3人程奥さんがいたが、あきれて出て行った。都営団地が 当選するまで、Y子をなだめすかして1ルームの賃貸を借りた。 Y子は2人で都心の3LDKには住め…

続きを読む

19・知神君の翼・つきこさんと16歳年上の僕

1995年12月11日(月)同じ人だけどリーダーじゃない偉い人と話。 「失礼します」 今日はリーダーじゃなくて佐粧社長と話だ。【給料少し減らす】 とか言われても、別に構わない気がする。 プライベートでリーダーは、男の兄弟がいないからぼくの 「お兄ちゃん」になりたがる。考えると結構遊んでもらってる。 家に泊めてもらうとぼくが朝食を作るけれど、…

続きを読む

コンテストで君は何を?・つきこさんと16歳年上の僕

1995年12月9日(土)佐粧の興味、知神の尊敬のまなざし 「テーマが錦玉って、冬なのに何作るわけ?」 錦玉って和菓子の凝ったゼリーみたいのだ。寒天だ。 「僕の周りの人達は、結構、夏の涼しい時期の綺麗な 錦玉を作っていたよ。チラッと見ても美しい金魚や藻。 後は、スイカや果物とか夏だなって感じだった」 暖房入っていても寒いじゃないか。見ただけで夏…

続きを読む

和菓子のコンテストの結果は・つきこさんと16歳年上の僕

1995年12月9日(土)和菓子コンテストを待ちながら 「ねえ、ここのストロベリー祭りの場所からは全く 何も聞こえないね。1番近い場所だと思ったのにな」 確かにこの廊下(長いけれど)の奥がコンテストの 会場だ。佐粧、知神、つきこが「苺祭り」に入ったのは 3時を過ぎていた。現在の時刻午後3時40分。 秀行君は午後3時半には終了で表彰式になると言ってい…

続きを読む