2月のロスカスターニエ稽古場へ

稽古場へ行った日は:1998年2月7日(土) 戻って来た日常の中に 1998年1月30日(金)夜にハーブティー レッドジンガーMIXのルビー色は綺麗だがすっぱい。 「秀行さん、このお絵描き見て。んふふ、 美術部の先輩が見てどう思う?」 うまい。僕は高校の時、美術部だった。 和菓子の絵を描いてレシピメモつけるつもりだった。 お絵描…

続きを読む

つきこさんつかれただろうなあ、と秀行

1998年1月28日(水)僕は午後ゆっくりできるけれど つきこさん、疲れただろうな。新年会のあと 4人のお泊まりだもんね。 今朝は朝ご飯まで用意してくれて。 水曜日はあくまでも僕の休日。つきこさんは平日だし 会社なんだけれど、頑張らせすぎちゃったかな。 隆君は慣れているとしても、あの きらめく金髪の真野先生もだったしね。 (考えてみ…

続きを読む

1回新年会終わり・知神翼は静かに見ていた

1998年1月27日(火)明日は秀行は休日 皆、帰り始める。 袋谷さん(明日ももちろん薬局は開いている)が 新年からAdalheidisが動いているのを見て感激でしたと 僕たちと握手。差し入れプレゼントや、つきちゃんの 詰めたおかずを持って、笑顔になっているのがいい。 Adalheidisにはファンクラブがない。 袋谷薬剤師はAdalheid…

続きを読む

そろそろ終了・知神君の日記から知神君の目線で

1998年1月27日(火)帰る人来る人 ここは1人がさみしいときにあったかい場所だ。 僕(知神翼)は思い出す。 真野先生(ROSSKASTANIE企業内弁護士)が 1番最後に、入って来た。 「ごめんなさい、遅れてしまって」 佐粧さんが言う。 「いいんだよ、いつ来ていつ帰っても。いいの」 その時、兜蟹さんは東京滞在の宿に帰る と…

続きを読む