お化け屋敷(喫茶店・仮名)から帰宅・電話が。

1997年9月20日(土)本屋さんは楽しかった。 雑誌はすぐ傷むし、あまり増やしたくはないけれど 僕の欲望が強いのか、たまに買ってしまう。 「秀行さんの雑誌、わたしと好みがかぶってるのが 多くて、ジーンときた」 そうなんだよ。背伸びしているつきこさんじゃないのに。 「2冊買うこともないよ。好きなの読んでね。あとね、 やっぱりうすら怖い【廃…

続きを読む

喫茶お化け屋敷(仮名)に2人で行ったのですが

1997年9月20日(土)土曜は2人の休み。 近い場所で楽しめる場所は本屋さん。ランチ。 本屋さんで買い物の後、喫茶店の美味しいランチを 食べていたら、あまりにも見覚えがある人達が 入って来た。 1人は佐粧隆、1人は知神翼、あとの2人は面接後の ギタリストかな。もしかしたらここが面接の場所? ROSSKASTANIEに【審査】を受…

続きを読む

喫茶お化け屋敷(仮名)に2人で行く休日

1997年9月20日(土)まずは2人の好きな本屋さん。 「1回のレジ付近にとりあえず30分後ね」 つきこさんが、うーん、ええええ、とか言っている。 30分だと足りないかな。 結果はつきこさんと僕は同じフロアで音楽雑誌を眺め、 多種多様な雑誌を見た。タイトルだけでも面白い。 美術、芸術コーナーに行き、ミステリーの文庫本の 背表紙を眺めていた…

続きを読む

おでんの鍋は1つでいいのだろうか

1997年9月19日(金)知神君は佐粧隆の家に。 「おでんもらうお鍋あるぅー?」 「ある。深めの両手に持ち手があるやつ」 隆君はこれだ、これだと3人前は入るという。 「もう1つ、知神君のお鍋あるよ」 「知神は今日はうちに泊まる。明日、朝食を作って もらって、一緒に出勤。末竹と合流して、審査。 オーディションじゃなくて他の事務所から…

続きを読む