100個ですか、そうですか・知神君の練習(佐粧隆が考えた)

1997年6月下旬・水ようかんでお見合いの練習か。 *僕とつきこさんは何をするかわからないまま 「知神翼君」の「お見合いの練習」というのに つきあうことになった。 ♪リーン・ベルベルベルベル 家電話の着信音を戻してみた。前のは残して あるけれど、気持ちが落ちつかなくなる。 5月末のライブハウス前は、その落ちつかない感じが 2人の練習…

続きを読む

いきなりじゃないから・練習しよう知神君(佐粧隆)

1997年6月下旬・まだぼくは耐えられる(知神) ボーッと2人で転がって本読んでいました。 「あ、電話が来るかもしれない」 以前つきこさんは、よく電話が来るのを察知した。 僕は不思議な能力は信じると怖いので、予知とか 超能力とは思わない。つきこさんの「察知」。 つきこさんの勘がいいのは正しいんだけれどね。 ♪ジャッジャッジャッ ダ…

続きを読む

知神翼のお見合いが決まるの?・佐粧隆は真面目です

1997年6月下旬・出会いがないとか適当なこと言っていた。 罰が当たったと思う。 以下、佐粧さんとの会話 「知神君、来月で37歳でしょ?1人はさみしくない?」 「家に帰ったら自分で何でもやらないといけないのは 別にいいんですが、誰もいないのはつまらないですね」 冬に家の鍵を開けてはいると、1人は寒い。 夏の夜は早くお水か麦茶が…

続きを読む

お土産を持って仕事場へ・つきこさんと16歳年上の僕

1997年6月8日(日)さて、これから仕事です 「つきこさん、お茶美味しかった。じゃあ行って来ます。 お昼寝いっぱいしてね」 「旅行、どうもありがとう。楽しかった。これお土産 忘れないで。持って行ってね。晴美さんのお家のは おかあさん分けてくれると思うから。袋は多めにくれた から全部入れちゃった」 「なんか美味しそう」 「あの温泉の…

続きを読む