季節の菓子が、物騒な・つきこさんと16歳年上の僕

1994年6月9日(木)今日はニンニクなし餃子。多く作って冷凍。 「つきこさんは餃子に目がないね」 「秀行さんの餃子が美味しいの。ラーメン屋さんで6個とか 出てくるでしょ?あれはラーメンがあるから6個で、普通は18個 とかが1人前と思う。秀行さんの餃子大好き。わたしのまずい」 つきこさんのも美味しいよ。20枚入りの皮3個買ってきて、60個 作ると2…

続きを読む

Mさんの独り言(Mさん目線)・つきこさんと16歳年上の僕

1994年6月初旬・僕には話せる人がいない 僕のことは陰でMさんとみんなが言う。40歳。 本名は松平正(まつだいら・ただし)。元メルシというバンドで リーダーをしていた。20年弱売れていたんだよ。この2年色々あった。 弟がいる。34歳違い。名前は光多(こうた)。僕の小さい頃そっくり。 それは実は僕の子供だから。光多は母親の顔を知らない。 生まれてす…

続きを読む

休日とアフロヘアと、弁当・つきこさんと16歳年上の僕

1994年6月8日(水)つきこさん帰宅。2人で夕食後に。 「今日ね、隆君が電話切る時に泣いてた気がする」 「きっとお見合いばっかりして疲れちゃったんだと思う」 「ひいじいさん関連の見合いみたいで、何でか知らないけれど あの隆君が見合いを断れなかったなんてね、それも不思議」 「知神さんを寵愛しているとか、うちの会社でも心ない噂が あったし。こ…

続きを読む