病気じゃなくて良かったね・つきこさんと16歳年上の僕

12月31日(金)1993年の大晦日。隆に食べ物を届けに。 僕だけサッと行ってすぐ帰る予定だったのに。 「きましたよー」 「わーい、ありがとう。これ、上が薄焼き卵? お握りも。おかずもいっぱい。ありがとう。あれえ 男前な姫は?どこ?」 「ゆっくり歩いてお店に向かった」 「やだー。僕も行く。着替えてくる。下にいてよ。 どこ、ああ今…

続きを読む

薄焼き卵持参で行こう・つきこさんと16歳年上の僕

1993年12月31日(金)家に入ったらなつかれてしまう。 「つきこさん、今から薄焼き卵作るね」 「何で?」 僕の真似してるー。面白ーい。 「隆君が家で作ってくれって言うんだけど、あの家に 入ったらしばらく帰れない感じがしない?僕は今年の 終わりに隆君の家の思い出は、なんとなくいらないや」 「2日にはスーパー開くし、2パックも卵あるか…

続きを読む

捨てる前ではなくって・つきこさんと16歳年上の僕

1993年12月31日(金)2人とも休みで台所でゴソゴソ 「あとで捨てたらもったいないから、食べる前に 少しずつ、あげようと思う。つきこさんも2人だと 余るんじゃないかと思うものがあったら詰めて」 「身も蓋もない言い方をすると、余らせて腐らす、 それを避けるために、作り立てをあげるのね」 確かにそうだよ。なんか僕の根性が悪いみたいだ。 いらな…

続きを読む