続・収録前の控室で・16歳年上の秀行さんとわたし

1993年12月8日(水)たまにはつきこ目線パート2 MさんとKYO(音楽の人)と 寺井課長(本日はメイクアップアーチスト)は 話をしていた。なんだかMさんの告白を聞いていると わたしがMさんの音楽を好きだった時代が悲しくなる。 でも不気味な人でも美しいメロディを聞かせてくれる 人だし、わたしを守ってくれる奇特な人たちもいるし。 「彼女が僕の…

続きを読む

「アマチュア界の頂点へ」収録前・16歳年上の秀行さんとわたし

1993年・12月8日(水)つきこ目線で 今日は秀行さんは朝寝坊できるのに、朝見送ってくれた。 埃が積もるほど汚くもしていないので、今日はたぶん ずっと夜までエレキを弾くんだろう。その後夜はプロと 練習。秀行さんのギター。あれは神様がくれた才能だと 思うけれど、でも本人は和菓子職人が天職だと信じている。 わたしも和菓子職人が秀行さんの天職だと思う。 …

続きを読む

某区のスタジオで収録・つきこさんと16歳年上の僕

1993年・12月8日位?水曜日 前の日につきこさんに聞いた。 「明日、KYO(隆君)と2人で控室じゃないよね?」 「ありえなーい。実はMさんも一緒だよ」 「会社に僕が電話かける。昔からかかっている近所の 内科の大先生に、偽の診断書作ってもらう。明日は 休んでよ。もうね、僕の心臓の毛はすべて抜けたの」 「良かったね。心臓が普通の人に戻…

続きを読む

昔の僕の食生活・つきこさんと16歳年上の僕

1993年12月5日(日)つきこさんのみ休日 「いってらしゃーい」 「つきこさん疲れてたらお昼寝しなさいね」 朝6時に間に合うように5分前には家を出る。 逆算してつきこさんは5時に起きて朝食を作る。 僕が夕方5時ころ帰宅するので夕食を作る。 そのことが甘やかされているみたいに感じるらしい。 平日はつきこさんも会社があるから帰りは僕のほ…

続きを読む