KYOと社長と隆君・つきこさんと16歳年上の僕

1993年・7月某日・夕食 「隆君さ、こんなにのんびりしていていいの?」 14時半くらいから、今は18時半。 「時間のやりくりするのは特技だから大丈夫だよ。 前もって、予約してあるから人目がない半個室だよ。 味は秀行君といい勝負だ。そんなに高くないし」 「じゃあ、商売としては失格だな。僕程度の味か」 「秀行君はひどいこと言うね。自分を卑下するのは…

続きを読む

末竹君とつきこさん・つきこさんと16歳年上の僕

1993年・7月某日・ロスカスターニエ音楽スクール *7月が長くなりそうで、話もつきそうもなくて困る 「深町先生(秀行の本名を隠すための偽名)は、いつも ネクタイされてるからわかります。真面目な人なんだなって」 ああ、ここの講師は今の時期はTシャツかポロシャツが多いのかな。 スーツのシャツでも、ネクタイはしないよね。 でもネクタイ=真面目じゃないんだよ、末…

続きを読む

ロスカスターニエ末竹君・つきこさんと16歳年上の僕

まだ1993年・7月某日・なぎさこさん誰?の後 「いってきまーす。会社に一回行ってからたぶん 音楽スクールの中で、仕事だと思う。昨日はそう聞いたの」 「気を付けてね。僕はまた眠って、美味しいもの作っておくよ もし隆君がいたら、よろしく。そこでは佐粧社長だけど」 「KYOが案外評判良くて、視聴率取れているんだって。たぶん 末竹さん関連かなとは思うけれど。…

続きを読む

磯河渚子さんへ・つきこさんより16歳年上の僕

1993年・長い7月某日 「つきこさん、僕はもしかしてひどいことを言うかも しれないし、相手も何を言うかもわからない。でも 聞きたかったらスピーカーフォンにするけれど、どうする?」 「どうしようかな。わたしは秀行さんのそばにいたいし どういう人か、何となくでも知っておきたい」 たぶん、今日かけてくるなら朝5時過ぎにかかってくるよ。 6時だと出勤だもの…

続きを読む